2016-07-12

こんなスッキリした部屋で、暮らしたいです。

こんなスッキリした部屋で、暮らしたいです。

こんにちは、ヒロイシです。
今日は、ハワイ旅行の準備、持ち物のまとめとして、パッキングのコツを。

さて、日本出発の前夜、または当日になりました。
3つの紙袋の物を、スーツケースにつめます。
いろいろな詰め方がありますのが、私の場合を。

ポイントは、ゆるゆるに袋分け。最後にタオルを。

▼まず、下準備。
1、食べ物の紙袋をチェック。
ビニール袋に小分けした調味料を、まとめます。
できるだけ、平たくしながら、さらにビニール袋に入れます。
それ以外の食品は、多いかな、というものを、やめます。
特に、箱入りの食品は、やめます。

3、大事なものをチェック。
重なったものは、除きます。
薬類やバンドエイド、など使いみちにわけながら、いくつかのポーチやビニール袋に入れます。
あまりパンパンに入れずに、ゆるゆるに袋分けします。

2、衣類の紙袋をチェック。
同じようなものは、どちらか1枚に。 迷ったらやめる。
下着は、3セット分、洗濯用のネットに入れる。(中身が見えないし、ネットはアメリカの洗濯機、乾燥機の必需品です。)

▼さあ、スーツケースに詰めます。
ハンドル部分の凸凹を埋めるように、パジャマやTシャツなど、しわにならないものを入れます。
平らになったところに、大き目にたたんで重ねた衣類を入れます。
重たい、本や紙類などは、スーツケースの底になるほうへ。

しわになると困るスラックスやワンピース、大きなビーチ用タオルは、、最後に入れるので、別においておきます。

あいているスペースに、ポーチや袋に入れたものを詰めていきます。
箱もの、ぴちぴちに入っている化粧ポーチなどを、先に入れます。

次にすき間を埋めるように、ゆるゆる袋分けしたものを、手で前後に動かして、ぴったりと収まるように詰めます。
割れやすいそうめんや乾麺は、動かないように衣類のあいだにはさみます。
できるだけ、平らになるように、全体を整え、

最後に、スラックスやワンピースを、スーツケースの幅いっぱいに入れ、折り畳みます。
そのうえに、大きなタオルをかけて、ベルトをギュっと締めます。
これで、全体が大きく動くことがなくなります。見た目も、ちょっとよくなります。

すき間や余裕があれば、トイレットペーパーやティッシュの箱を、入れて持ってきます。(つぶれますが。。。)
赤ちゃんのオシメをすき間にいれるのもいいでしょう。
バラバラにするとかなりの枚数が入ります。

出来上がりです。
私は、持ち運びのことを考えて、なんとか、荷物を1つにしようとしています。
が、最近は、航空会社の荷物重量制限が厳しいので、体重計にのせて、計っています。
航空会社が預入荷物が2個なら、分散して2個にするのもいいですね。

あれもこれも、持っていきたくなりますが、無かったら、あるもので済ませる、現地調達
というのも、海外に行く楽しみのひとつかもしてません。

余分なもののないコンドミニアムの部屋に入ると、「ずっとこのまま、すっきりとした部屋で暮らしたい」と、感じます。
いろいろなものが山積みになっている、自分の家の状態を反省するんです。

皆様も、ご自分の心地よい毎日のための荷物の量を、把握していってください。
次回からは、ご質問の多い、ハワイの通信事情について、おしらせします。

秋からのコンドミニアムレンタル 受付中
ハワイサマースクール+きれいなお部屋ハワイコンドミニアム
電話   03-5420-5502
FAX  03-5789-4721
メール  soudan@hawaiisummerschool.org

2016-07-11

パンダのプレートランチ。2チョイス、チャーハンと焼きそばのハーフ

パンダのプレートランチ。2チョイス、チャーハンと焼きそばのハーフ すごいボリュームです。

こんにちはヒロイシです。
今日は、ハワイ旅行の準備編 紙袋3分割法3、大事なもの 編です。

大事なものと、といえば、
・パスポート(ESTAは終了していますか?)
・お金やクレジットカード
この2つです。 これさえあれば、ハワイにいけます。

そのほか、
・航空券のEチケットの控えやツアーの最終案内(この控えはなくても飛行機に乗れます)
・免許証 (レンタカーをする人必携です)

そのほかに、私の場合、こんなものがはいっています。
・うちわ(おススメ。がさばらない。)
・つめきり
・耳かき(忘れてしまうと、意外に困るんです)
・ビーチサンダル
・鉛筆やボールペン数本 と メモ帳やノート類
・はさみ(何かと便利)
・せんたくばさみ数個
・行ってみたいお店の切り抜き、ガイドブック
・いつかやってみたかったお顔のパック(のサンプル)
・いつか使ってみようと思っている、買ったままのアイシャドウー
・アドレス帳(ご無沙汰している人に手紙を書こうと思うから)
大したものではないのですが、あると、いいものばかりです。

お子さんがいる場合は、必携です。
・体温計
・常備薬

普段の日常の中で、ふっ、と気づいたときに紙袋に入れておくのがポイントです。
あっ、うちわ、超おススメです。
クーラーほどではないけれど、ちょっと暑い、という時に涼めます。

うれしいメールをいただいたことがあります。ご紹介します。
紙袋3分割法、便利でいいですよ!
  1、食べ物系
  2、衣類
  3、大事なもの

今までの出発前の準備では、思いつくものをスーツケースにどんどん入れていました。
でも、ジャンルがごちゃごちゃになるし、部屋のスペースの関係で、スーツケースを開いておけないため、毎回、わざわざ開けて入れるのがおっくうでした。

紙袋法だと、気づいたときにポンポン入れられるし、同じジャンルのものばかりかたまるので、
何があって何がないか、上からのぞけば一目瞭然。
最終的に、要る要らないは、仕分けしてからスーツケースに詰め込めるので、とても効率がいいと思います。

簡単なことですけど、思いつかないものですね。
これからは毎回この方法でいきたいと思います!

ありがとうございました。
実際にやってみていただいて、すごくうれしいです。

皆さまも、お試しください。

まだまだ申し込みできる 2016サマースクール
■ハワイサマースクール+きれいなお部屋ハワイコンドミニアム
電話   03-5420-5502
FAX  03-5789-4721
メール →右上よりお願いしますsoudan@hawaiisummerschool.org

2016-07-08

きれいめローカルファッション。アラモアナショッピングセンターのフードコートで。

きれいめローカルファッション。アラモアナショッピングセンターのフードコートで。

こんにちは、ヒロイシです。
ハワイ旅行準備、紙袋3分割法の2 衣類編です。
せっかくのハワイ旅行、何を着ましょうか?
これ、ハワイに誰と行くかで、大きく変わりますよね。
大好きな彼、彼女と行く、家族で行く、ご夫婦ふたりのロングステイ。誰と行くとしても、持っていく服は少なめ。でちょうどいい。
それに、ちょいダサ系で。日本よりドレスダウンの感じです。
お化粧も、昼間はあまりモリモリにならない方が、ハワイの空気となじみます。

Tシャツなど上もの。
スカートや半ズボンなど下もの。各2枚もあれば、とりあえずいいでしょう。
だって、毎日会う人がいないので、そんなに服がいらないんです。
洗濯したら、すぐ乾くので、大丈夫なんです。

暑いので、ストッキングはいらないでしょう。
元気良く足を出しちゃっても大丈夫。
もっと太い人、たくさんたくさんいますから。安心してください。

着飾ってディナーに行くチャンスがあれば、メいっぱいで楽しんでくださいね。
夜のお出かけ用には、昼と違って、もりもりでいきましょう。

お子さんの衣類も、少なめに。
日本からは3組くらいのセットがあればいいでしょう。
かわいい服がたくさんあって、つい、いろいろ買ってしまうので、どんどん、服が増えていきます。
それから買ったらすぐ着せてあげてくださいね。 
私、来年用に、といろいろ買い込んだら、
   ・気づいた時には、小さくて着れなかった。
   ・仕まったままで忘れた。 など、失敗が多数あります。

服は買いやすいのですが、フィットする靴を買うのは手間がかかります。
履きなれたスニーカーや靴は必ず持参しましょう。
ロコはビーチサンダルでどこにも行きますが、私たちには、靴やサンダルなどのほうが歩きやすいことがあります。

サマースクールに通うお子さんは、かかとがあるサンダルのほかに、必ず、スニーカーやウオーキングシューズを持ってきてください。

長袖の軽い上着やはおりもの、も便利です。
クーラーが寒いと感じるときが、あるからです。

そのほか、いつも使っている水筒やお気に入りのタオルなどがあれば、持って行きましょう。

それから、バギーやベビーカーは迷わず持って行きましょう。
ハワイでは通路がどこでも広いし、皆が温かい目でベビーカーを通してくれますよ。

蛇足ですが、日本の女性はすごーくもてるので、いろいろなお誘いには気をつけて。

では、また明日。
明日は、小学生から高校生のサマープログラムの空き状況をおしらせします。
まだまだ、お申込みできます。

秋からのコンドミニアムレンタル 受付中
■ハワイサマースクール+きれいなお部屋ハワイコンドミニアム
電話   03-5420-5502   8月15日まで不在。メールでお願いします。
FAX  03-5789-4721
メール  soudan@hawaiisummerschool.org

2016-07-07

DSC00310 - コピー

本日7/7からハワイアン航空は成田発着便が就航です

こんにちは、ヒロイシです。
ハワイの旅行の準備編3 は、皆さんから質問の多い、

ハワイに食品を持って入国できるか?

結論は、ずばり、OKです。
イメージとしては、ほぼ何でも、大丈夫です。

ただし、以下のものを除きます。
 ・肉類及び、その加工品、肉エキスの入ったもの
   ・野菜、果物類

機内で1家族に1枚書く申告書では、「食品を持っていますか?」の質問に、ハイ とチェックを入れます。
これをイイエにすると、別の問題が出てきますので、正直に申告します。

荷物検査のところで、荷物を開けるように言われることも(たまに)ありますが、肉類、野菜類が入ってなければ、大丈夫です。
はっきりとノーミート、ノーベジタブル、とアピールするのもいいでしょう。

検査官はさすがにエキスパート。
あっという間に、スーツケースや手荷物の中から、探し出します。
私の過去の没収品は、カレールー、ラーメン、フリーズドライカレー、崎陽軒の焼売パック、オレンジ、プルーンなど多数。。。

肉の加工品、肉エキスなどはとても良くチェックしています。
日本語はもちろん、韓国語、中国語なども判別できるんです。
その一覧表示も検査台の下にあることを発見したことがあります。
カレールーやカップラーメンなどは、現地調達にしましょう。

もうひとつ、片栗粉や粉類もご心配なく。麻薬に間違えられる時代ではありません。
今では、荷物をピックアップするターンテーブルの周りを、精悍な顔つきのワン君が、堂々とうろうろ(パトロール?)していますから。

さて、本題。
具体的に何を持っていくか。

いつも使っているものはすべて、少量ずつ、持って行く、のが基本路線。

たとえば、
お米、1-2回分…1回に炊く2-3合に分けて。後は現地調達。
調味料は、塩、砂糖、みそ、コショウなど…ビニール袋に小分け。

では、3つ用意した紙袋のうち、食品袋の中に何が入っているでしょう?
私の場合、中身をまとめてみると・・・・

使いかけのラップやホイル。
使いかけのチューブのわさび、しょうが、和からし。
封の空いているヒジキに切干大根、カットわかめなど乾物。
ビニール袋の塩や砂糖、小麦粉、片栗粉。
いただきもののお漬物や佃煮。(暑いのでハワイに行くと食べたくなるんです)
ビニール袋の調味料、粉類。(片栗粉、小麦粉)

そのほか、 
割り箸(my箸)、数枚のビニール袋もかなり重要(ジップロックでなくビニール袋派なんで)。エプロンも。

要するに、使いかけのものを持って行く、と便利なんです。たくさんは使わないけど、ないと困るもの。
滞在期間にあわせた使用量が残ったころに、3つの紙袋のうち食品用の紙袋に入れておきます。

最近は、コンビニなどで、ソースや醤油の少量のものを売っているので、便利ですね。
めんつゆなどの液体は、小さな紙パックやペットボトル状のものが家にあれば、持っていきます。
なければ、現地調達。これらは未開封のみ。

いろいろ持って行きたくなりますが、食料品は少なめに。
外食したり、テイクアウトもありますから。

ハワイのスーパーではなんでも、売っていますし、スーパー巡りも、とても楽しいのですが、初めての広~い店内で、欲しい物を探し出すのは、大変な時間がかかます。
それに、すべてをそろえるのは、お財布にも痛い。しかも大量に余ります。
いつも使っているものはすべて、少量ずつ、持って行く、のがちょうどいいです。

こんな具合に、日本で生活しながら、準備をすすめてみてください。
では、また明日。

秋からのコンドミニアムレンタル 受付中
ハワイサマースクール+きれいなお部屋ハワイコンドミニアム
電話   03-5420-5502
FAX  03-5789-4721
メール  soudan@hawaiisummerschool.org

2016-07-05

IMG_0811
こんにちは、ヒロイシです。
ハワイ旅行の準備編、第2回は、持ち物をどのように準備するか。

ハワイに何を持っていくか? 何を用意するか?

これは人によって、また旅の目的によって、大きくかわるところでしょう。
私の場合をお知らせします。

ハワイ旅行の持ち物を、次の3つに分けています。
 1 食べ物
 2 衣類
    3 大事なもの

そこで、出発の1か月くらい前から (気分がのってきたら)、3つの紙袋を用意します。
 日々の生活の中で、「あっ、これ必要!」と思ったものを、すぐにポイポイと紙袋に入れていきます。

爪を切ったら、耳かきを使ったら →大事な物袋に。
マーボー豆腐を作ったら、片栗粉をビニール袋に小分けして →食べ物袋へ。
日本で着れないけれど、ハワイでぜったいに着ようと思っている服 →衣類の袋へ

今まで、リストを作る方法やいろいろな準備の方法をやってみましたが、この方法が一番ストレスなく、私にはフィットしています。
3つの紙袋を、キッチン、着替える場所、いつも座っている椅子の下、とそれぞれ、すぐ入れられる場所に置いています。

そして、出発直前になって、これらをパッキングしていきます。
全体量として、一人あたりスーツケース1個を目安にしています。

少ないですか?
ロングステイになる時には、多少、食べ物が多くなりますが、
1か月以上でも、1週間でも、持ち物の全体量は、あまり変わらないように思います。 生活必需品を持っていくのですからね。

ずっとトランクを開けたままにするのは、スペースをとるので、考えました。
家族旅行や、シニアの長期滞在&ロングステイ、短期留学の方に、ぴったり合うと思います。
滞在先は、コンドミニアムを利用して、(時々)自炊をイメージしています。
さっそくお試しください。

お得な秋からのコンドミニアムレンタル 受付中
■ハワイサマースクール+きれいなお部屋ハワイコンドミニアム
電話   03-5420-5502
FAX  03-5789-4721
メール →左上よりお願いしますsoudan@hawaiisummerschoo

2016-07-04

DSC01500

こんにちは、ヒロイシです。
7月にはいりました。 数回に分けて、ハワイ旅行の準備編をお送りします。

ハワイに出発する日が近づいてくると、何となく焦ります。
航空券と滞在先は決まっているけれど、準備と言っても、何から手をつけたらいいものか。。。

ハワイ旅行の準備編1回目 何から、手をつけるか。

準備は、大きく分けると、
・持ち物 (食品、衣類、大事なもろもろ)
・手続き (パスポート、ESTA、海外旅行保険 留守宅、)
・お金  (持ち方、買い方、足りなくなったら)
・通信関係(携帯、Wi-Fiなど)

どれから手をつけてもいいのです。
全体が把握できれば、なんとなくの焦りや不安は少なくなっていくでしょう。

パスポートはありますか? まだなら、まず申請を。 これが第一。
持ち物は、毎日の生活の中で、すこしづつ。
それ以外は、時間がとれるときに、ぼちぼち、やっていきましょう。

これらを、詳しく、順にお知らせしていきます。
お楽しみに。

■ハワイサマースクール+きれいなお部屋ハワイコンドミニアム
電話   03-5420-5502
FAX  03-5789-4721
メール → soudan@hawaiisummerschool.org

.


当サイトについて問い合わせ先免責事項個人情報の取り扱い

Copyright © Hawaii Summer School All Right Reserved.